人生オイシクブログ

高校サッカー部時に食に興味を持ち、卒業後病院に就職し、大量調理を学ぶ。 「サッカー選手を食からサポートしたい」と考え、栄養専門学校に入学。 卒業後は病院で給食管理に従事し、今年4月からファサネイトジュニアユースで専属栄養士として活動。サッカー経験者ならではの「ボールと食事のパス交換」がモットー。

<インフルエンザ予防法>

 

 

 

 

 

こんにちは

管理栄養士のマキです

 

 

 

 

インフルエンザが流行ってきて、学級閉鎖をしてる学校もあるみたいですね

そこで、今回はインフルエンザの予防法についてです

 

f:id:m-fubl-chico-i:20180922091017j:plain

 

 

 

 

 

 

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症のことである。「一般のかぜ症候群」とは違い、重症化しやすいので注意が必要です

 

 

 

 

 

 

 

感染経路

 

 

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳によって飛沫が飛び散り、周囲の人の呼吸器にウイルスが直接入り込んで感染がおこります

 

 

接触感染】

電車やバスなどでつり革や手すりなどについたウイルスを目や鼻に持っていく事により感染がおこります

 

 

f:id:m-fubl-chico-i:20180922095159j:plain

 

 

 

 

 

 

予防法

 

では本題の予防法ですが

 

①手洗い、うがいの徹底

②外出時はマスク

③お茶

④歯磨き

⑤栄養フルコース型の食事

 

 

①②は皆さんもやってるのではないでしょうか?

外出から帰ってきたら必ずやって下さいね!

 

③ですが、緑茶に含まれるカテキンがウイルスの感染を予防してくれます。また、のどを潤す事にもつながります。のどが乾燥してる時は防御機能が低下している証拠なので、積極的に緑茶を飲んでいきましょう

 

④は初知りな方が多いのではないでしょうか?

口腔内が不潔の状態だとインフルエンザウイルスの感染を助長してしまうので、一日に3回~4回の歯磨きをしていきましょう!

 

やはり何といっても栄養がしっかり摂れていないと体の免疫力は落ちてしまいます。

そこで、積極的に摂って欲しい栄養素がタンパク質、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEです!

 

たんぱく質は感染を防ぐ免疫系の元になる栄養素で、非常に大切です。肉、魚、大豆、卵などを料理の中にいれていきましょう

 

ビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用が強いので、体を活性化させるためには必須のビタミンです。ブロッコリー、オレンジ、レモンがビタミンC、アーモンド、大豆、胚芽米などにビタミンEは多いです

 

ビタミンAは粘膜を丈夫にします。うなぎ、レバー、人参などに多いです

 

 

 

 

 

まとめ

今回はインフルエンザの予防についてお話ししましたが、どうだったでしょうか?

すでに行っている事、知らなかった事あると思いますが、インフルエンザは本当に怖い感染症なので小さいお子さんや高齢の方がいる家庭では積極的に予防法を実践していって下さい

 

 

ではでは

 

 

 

 

 

www.otsuka.co.jp

 

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/219-about-flu.html