人生オイシクブログ

高校サッカー部時に食に興味を持ち、卒業後病院に就職し、大量調理を学ぶ。 「サッカー選手を食からサポートしたい」と考え、栄養専門学校に入学。 卒業後は病院で給食管理に従事し、今年4月からファサネイトジュニアユースで専属栄養士として活動。サッカー経験者ならではの「ボールと食事のパス交換」がモットー。

広島焼きとお好み焼きのカロリーの差は?

 

こんにちは

管理栄養士のマキです

 

 

明日には広島にいるので、ここからは広島に特化した栄養情報を伝えていきたいと思います!

 

 

 

 

第1回はお好み焼きです

 

 

 

 

皆さんはお好み焼きと広島焼きの違いを知ってるでしょうか?

広島焼きはもちろん広島!

 

 

 

 

では、お好み焼きは?

 

 

大阪です!

皆さん知ってますよね笑

お好み焼きは大阪焼きとも言い、大阪に行ったら皆が1回は食べます!(絶対です笑)

 

 

 

作り方の違い

簡単に言ってしまえば具材を混ぜるか、混ぜないかです!

 

大阪焼きは具材を混ぜ合わせて焼きます

 

広島焼きは生地と具を混ぜない重ね焼きです。生地を丸く、薄くのばした クレープ状の上に 大盛りのキャベツ、具、うどん、そばを重ね、 焼きあげます。

 

 

具材

大阪焼きは、だしでといた生地に山芋を加えてキャベツ、ネギ、イカ、むきえび等を混ぜて焼いたものが一般的です

 

広島焼きは、キャベツ、もやし、ネギ、豚肉、ソバが具材として挙げられます

 

 

カロリー

 

さて、本題のカロリーについてです

どっちも粉物で具材はほとんど同じだし「カロリーは一緒でしょ!」とお思いの方はびっくりして下さい笑

 

大阪焼き・・・518Kcal

広島焼き・・・748Kcal

簡単!栄養&カロリー

 

なんと230Kcalもの差があります!

カステラなら2切れくらいの違いですね

 

「なぜ?」と思う方は具材をよーーく見直して見てください

 

 

 

 

 

そうです!

ソバが具材で入っています

この違いがカロリーの差になっているのです!

 

 

 

 

カロリーが結構あるので、広島に行った際は食べ過ぎに気をつけて下さいね(^-^)

(自分は気にせず食べてきまーーす笑)

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました

ではでは